エコ生活の素Top >  食べる >  北海道米がおトク!

スポンサーリンク

北海道米がおトク!

img_rice.jpg北海道米は、ブランド米としての認知度がまだ低いこともあり価格も抑えめになっていますが、味は近年、格段にアップしてきていて、味と価格のコストパフォーマンスはピカイチ!人気のお米なのです。地球温暖化の進行もあり、今後は北海道が米どころとして有名になるのは確実です。毎日おいしいお米を食べたいけど、有名ブランド米はちょっと贅沢すぎる...と考えている方は、ぜひ一度,北海道米を試してみることをおすすめします。

北海道米の有名銘柄には「きらら397」「ほしのゆめ」「ななつぼし」の3ブランドがあります。それぞれのお米の品種の特長は、「きらら397」は粘りが控えめなタイプでピラフや丼など硬めに炊き上げるご飯に向いています。「ほしのゆめ」はふっくらとしたやわらかな炊きあがりがお好みの方に適しています。また「ななつぼし」は、これから北海道米を試してみようという人におススメ。つやと粘りと甘みのバランスが良い新しい品種の北海道米です。いずれも米の食味ランキングは「A」クラスです。

「きらら397」「ほしのゆめ」「ななつぼし」などの北海道米の特長は、「冷めてもおいしい」というところです。米のタンパク質の含有率が少ないほど、時間の経過に対する味の劣化が少ないと言われていますが、北海道米はこの特長を備えており、一日三食毎回ご飯を炊く家庭が減り、炊飯器で長時間保温したり、冷凍したものを解凍して食べることが多くなってきたライフスタイルにぴったりなのも、北海道米の人気の秘密かもしれません。

品種改良と農家の努力によって生産された、味の劣化が少なく冷めても美味しい北海道米は、「おにぎりにして美味しいお米」です。コシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまち、ササニシキなどに較べると、まだまだ全国的なブランド力も少ないので価格もお手頃。一般のお米とほぼ同じの5kgあたり2000円台の前半で購入できます。味と価格のコストパフォーマンスを考えると北海道米は、まさにいま買い時。チャンス到来のお米なのです。一度試食してみればいかがですか?



スポンサーリンク

北海道米がおトク!の関連記事

エコ生活の素Top >  食べる >  北海道米がおトク!

▲北海道米がおトク!トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information