エコ生活の素Top >  くらしと環境 >  太陽光サーチャージって何?

スポンサーリンク

太陽光サーチャージって何?

太陽光サーチャージは、ソーラー住宅など、家庭や企業の太陽光発電システムで発電された余剰電力を、従来の2倍程度の価格で電力会社が買い取る新たな売電制度に伴い、その買取にかかった費用を、電気を利用する者全員が負担するというものです。買い取り価格の増額は平成21年11月からはじまっていますが、太陽光サーチャージの実質的な負担は平成23年4月以降に開始される予定になっています。

サーチャージ(surcharge)とは、追加料金の意味で、航空機を利用する時に加算される石油サーチャージですでになじみ深い言葉ですが、それが太陽光発電にも適用されるというわけです。太陽光サーチャージは正しくは太陽光発電促進付加金と呼ばれています。これにより太陽光発電システムの設置者は、設置コストをよりすみやかに回収できるようになりますが、大量に電力を消費する企業や家庭では、そのぶんの電気料金が増額されることになります。家庭1世帯あたりの年間の負担増は、最大1200円程度と試算されています。

化石エネルギー資源の枯渇や二酸化炭素(CO2)排出量の削減などのエネルギーや地球環境の問題を、自然エネルギーである太陽光発電を普及させて軽減するため、国民全員で負担して促進しようと言う制度です。新制度以降の余剰電力の買い取り価格は48円/kWhで、買取開始をした月から10年間は当初の買取額で継続されます。今後は太陽光発電システムの価格変動に伴い、買い取り価格は毎年見直される予定になっています。


太陽光サーチャージの単価は電力会社ごとに算定されますので全国一律ではありませんが、地域格差が大きくなった場合には調整される見込みです。電力の買い取り価格が増額されたことで、家庭にソーラーシステムを設置して、余剰電力を売電するメリットが大きくなりました。

この太陽光サーチャージ制度により太陽光発電システム住宅が急速に普及するようになれば、国産エネルギー量の拡大や産業技術の進歩につながり、地球温暖化対策にもプラスになります。しかし単に電力を消費するばかりの人は広く薄くではありますが、負担が増えてしまいます。 そろそろ真剣に家庭での太陽光発電システムの導入を検討する時期がやってきたのかもしれませんね。
太陽光発電システム見積比較.com(無料で数社へ一括見積依頼できます)

スポンサーリンク

太陽光サーチャージって何?の関連記事

エコ生活の素Top >  くらしと環境 >  太陽光サーチャージって何?

▲太陽光サーチャージって何?トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information