エコ生活の素Top >  くらしと環境 >  雨水タンクの助成金・補助金制度

スポンサーリンク

雨水タンクの助成金・補助金制度

家庭用の雨水タンクを設置して、屋根に降った雨を雨どいから集めてタンクに溜め、ガーデニングや非常用生活用水として利用すれば水道代の節約になります。また集中豪雨などの都市災害にも有効なので、家庭用雨水タンクは雨水浸透ますとともに自治体によっては設置に助成金や補助金の交付が行なわれています。

例として平成22年度の東京都新宿区の場合は、新宿区内に居住または居住の予定があり、新たに雨水貯留タンクを設置する個人が対象で、雨水タンクの容量が100L以上であることが条件になっています。設置費の20%が 補助され、上限額は2万円です。申請期間が前期と後期に別れています。



雨水タンク
80リットル
家庭用雨水タンクや雨水浸透ます設置に交付される助成金や補助金は各地方自治体により期間や条件、金額、担当部署などがさまざまですので、雨水タンク設置を検討する場合は、お住まいの地域の地方自治体に問い合わせてみてください。

家庭用小型雨水タンクに助成金や補助金を交付している地方自治体
一覧(平成21年度)

福島県(いわき市)、茨城県(日立市)、埼玉県(川越市、川口市、所沢市、狭山市、越谷市、戸田市、入間市、志木市、草加市)、千葉県(市川市、浦安市)、東京都(新宿区、台東区、墨田区、大田区、世田谷区、豊島区、荒川区、板橋区、足立区、葛飾区、昭島市、調布市、多摩市、町田市、三鷹市、八王子市)、神奈川県(相模原市、厚木市、海老名市、鎌倉市、大和市、寒川町)、新潟県(新潟市、見附市)、長野県(安曇野市、東御市、長野市)、静岡県(三島市、袋井市)、岐阜県(可児市、多治見市)、愛知県(岡崎市、一宮市、春日井市、豊田市、豊橋市、大口町、東浦町)、滋賀県(大津市、東近江市)、京都府(京都市、長岡京市、木津川市)、大阪府(大阪市、吹田市、茨木市)、兵庫県(猪名川町)、岡山県(倉敷市)、香川県(高松市)、愛媛県(松山市)、福岡県(福岡市)、熊本県(熊本市)、大分県(大分市)、鹿児島県(鹿児島市)、沖縄県(那覇市)など

◯上記の情報は追加や廃止など制度が変更される可能性があります。現況の詳細は該当地域の地方自治体にご確認ください。

関連記事:家庭用雨水タンク(エコ生活の素)
     家庭用雨水タンク価格比較

スポンサーリンク

雨水タンクの助成金・補助金制度の関連記事

エコ生活の素Top >  くらしと環境 >  雨水タンクの助成金・補助金制度

▲雨水タンクの助成金・補助金制度トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information