エコ生活の素Top >  くらしと環境 >  風力発電 家庭用システム

スポンサーリンク

風力発電 家庭用システム

家庭用の風力発電システム設置のメリットとデメリット、太陽光発電との比較やシステムの併用、小型風力発電機のメーカーと価格など、個人で行なう風力発電の情報を簡単にまとめてみました。


家庭用の風力発電システムは太陽光発電とならび、個人で活用できる自然エネルギーひとつです。風力発電のメリットとしては、枯渇しないエネルギー源だということ、発電機の稼働中にCO2を発生しないこと、そしておよそ40%という高い発電効率を有するということがあります。また、家庭で行なう風力発電のデメリットとしては、騒音や低周波による人体や周辺環境への影響、生産される電力の変化が大きいこと、夜間も発電されるため余剰電力が発生しやすいこと、などがあります。

風力発電は太陽光発電に比べて変換効率は高いものの、毎日の発電量が安定しにくいので、生産と消費のバランスがとりにくいのが難点です。そこで太陽光発電システムとのハイブリッドシステムにしたほうが実用的だと言えるでしょう。発電量より消費量が多くなった場合はバッテリーが過放電してしまい、充電回数が増えてしまうからです。

家庭用の風力発電システムとしては、独立電源タイプ、切替電源タイプなどがありますが、バッテリーを使わない系統連携システムを導入して電力会社に余剰電力を売り、足りない場合には買えるようにするのが現実的です。風力発電機はプロペラの形状が水平軸型と垂直軸型に大別できます。垂直軸型は風向きを問わないのですが低風速域での発電効率が低いのが問題点です。導入目的を明確にし、設置場所の環境や条件を考慮して選択・判断することが望ましいでしょう。また地方自治体によっては家庭用小型風力発電機の設置費補助金交付が受けられるところもあります。

太陽光&風力で発電!蓄電!注目の発電グッズがズラリ!

家庭用風力発電システムの代表的メーカーにゼファーやニッコーなどがあります。ゼファーのアウルECO-110PL-B(出力400W)は、静音設計の風力発電機とソーラーパネル、バッテリーパック、インバーター、リモコン、設置用タワーなどがセットになった風力・ソーラーハイブリッドシステムで、フルセットの実勢価格は47万円前後。また1000Wクラスの系統連携(売電)パッケージモデルの価格は150万円前後です。またニッコーの風力・ソーラーハイブリッドシステムNWG-200(出力200W)もフルセット40万円前後で購入できます。



太陽光発電システムの価格比較はこちら
マンションのベランダでできる太陽光発電!

スポンサーリンク

風力発電 家庭用システムの関連記事

エコ生活の素Top >  くらしと環境 >  風力発電 家庭用システム

▲風力発電 家庭用システムトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information