スポンサーリンク

電気代節約の極意といえば

省エネ家電への買替えや設定温度のこまめな調整など数え上げればキリがありませんが、なんといっても「使わない電気は消す!」。これに尽きます。家族全員が習慣として身につけること、これの徹底が一番ですね。




暖房光熱費は使う状況により、おトクな器具が変わります。賢く節約してください。

冬の朝は,冷え込みがキツくて辛いもの。起きてから1時間くらいの間に速攻で部屋を暖めたい場合、光熱費が安い暖房器具は、順に@エアコンA石油ヒーターBガスファンヒーター となります。

一日中部屋にいる場合にはエアコンのつけっぱなしは禁物です。人の少ない日中の光熱費を節約したいなら、@やぐらこたつAホットカーペットBエアコン の順で、中に暖かさを蓄えるこたつがお得です。

エアコンで部屋を暖める場合、設定温度を1℃下げると10%の省エネになります。20℃設定が省エネの基本。ちなみに20℃設定で5時間運転する場合と26℃設定で2.5時間運転する場合が、およそ同じくらいの光熱費になりますので参考にしてください。

お風呂の光熱費は、前日の残り湯を追いだきしたほうが、新たに自動給湯するよりも水道代分などが割安です。でもいちばんお得なのは5分程度ですますシャワーです。

コップ1杯分程度のお湯を沸かす場合は、光熱費が安い順に@電子レンジAやかんB電気ポット です。2杯以上になると、やかんでの湯沸かしのほうがお得になります。

炊飯器でご飯を保温する場合は4時間までを目安に。それ以上保温する場合は、冷凍して必要分だけを電子レンジで解凍したほうが安上がりに。

●電気代不要の省エネ暖房アイテム
       ↓
@→
袖付きブランケット 製品一覧
A→ 発熱・蓄熱マット&ラグ 製品一覧
B→ 部屋 お風呂 屋外 シーンに合わせたあったかグッズ


チリも積もれば…ちょっとした工夫や習慣づけで暖房光熱費を節約するTipsです。

●Tips1:アルミ製の断熱マットをラグの下に敷いて使うと、床からの冷えを反射するうえ部屋の熱が逃げないようにしてくれるので、電気カーペットなしでもポカポカ。暖房費が節約できます。
●Tips2:温水洗浄便座のフタを必ず閉める習慣をつけると,冷えてしまった便座を一から暖め直すより電気代が節約できます。設定温度も低めが吉。
●Tips3:電気ポットの保温は以外に電力を消費します。使用しないときや出かけるときにプラグをこまめに抜くのが節約のコツです。
●Tips4:冬の南向きの部屋では夕方の4時くらいにカーテンを閉め、陽光で暖まった空気を逃がさないようにすると、暖房の運転開始時間を遅らせることができるので暖房光熱費の節約になります。

●Tips5:入浴後のお風呂のフタはきちんと閉め、また家族が間隔をあけずに続けて入浴することで、お湯が冷めるのをできるだけ防いで光熱費を節約します。
●Tips6:冷房・暖房にかかわらずエアコンのフィルターは月に一度は掃除するように心がけましょう。また古いエアコンを最新型のエアコンに買い替えるとかなり電気代が少なくてすみます。
●Tips7:やかんを使ってする急ぎの湯沸かしに強火はNG。炎がはみ出さない中火で沸かしたほうが効率が良くて経済的です。

●ほかほかアイテム最大70%OFF!→ Amazon.co.jp 寒さ対策ストア



スポンサーリンク