スポンサーリンク

重曹と酢でするエコな掃除法

重曹の弱アルカリ性の性質を利用して、ギトギトの油汚れを分解して落とし、結晶の粒子を利用して研磨効果を得ます。また酢は重曹の苦手なアルカリ性の汚れを落とします。重曹+酢の最強タッグで日常のお掃除はばっちりです。

重曹水のスプレー&つけ置きでキッチンのガスレンジ、シンク、換気扇などを掃除。

重曹とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことで、水に溶かすと弱アルカリ性の性質を示す無色の粉末(結晶)です。重曹は人体に無害でふくらし粉などの食料品や胃腸薬などにも使用されているナチュラルな物質です。この重曹の性質を掃除などの家事にうまく利用すれば、環境やからだにやさしい生活ができるということで最近ふたたび注目されているのです。

重曹が役立つポイントは、弱アルカリ性による中和作用を利用して、「油汚れを落とす」。結晶による研磨作用を利用して「磨きの効果を得る」。酸性起因のニオイを中和して「消臭する」などがあります。

また、水道水に含まれるミネラルと結合して、水を洗濯に適した軟水に変える働きをしたり、酸や熱を加えると炭酸ガスを発生して発泡する性質を利用して、汚れを浮き上がらせて落とすなどさまざまなものがあります。

強力な合成洗剤の洗浄パワーにはかなわないものの、重曹を上手に使えば、かなりの裏技効果を発揮してくれる、優れたお掃除アイテムなのです。

●上手に重曹を掃除に使う方法として、おもに3つの使い方があります。

(1)水に溶かして使う:200mlのぬるま湯に重曹小さじ一杯程度を溶かすのが標準的な重曹水です。つけ置きにしたり、スプレー容器に入れて吹きかけて使うのも便利。頑固な油汚れのあるものは60℃くらいのお湯に溶かして使うと効果が上がります。

(2)粉のまま使う:トイレの便器や玄関のたたき、カーペットの汚れ、浴槽のスポンジ洗い、などには重曹を粉のままパウダーとして使用します。マイルドな研磨剤の効果が加味されるので、ブラシやスポンジで洗うとピカピカになります。

(3)ペースト状に練って使う:重曹を少量の水で溶いた重曹ペーストをクレンザー替わりに使いましょう。風呂の洗い桶やいすの汚れや水道の蛇口などに使うと効果的です。

重曹は酢と合わせて用いると洗浄効果が倍増します。酢を含ませたスポンジなどに重曹を振りかけてこすり洗いするのが最強の使い方です。

◯購入は→ 通販で買える重曹&クエン酸


酢はアルカリ性の汚れを落とします。カビを落とし、抗菌効果もあります。

酢には,アルカリ性の汚れを落とす働きがあるので、重曹の苦手だった部分を補ってくれる優れものです。石鹸のカス、トイレや浴室、洗面台などの水垢やカビ、タバコのヤニなどは、重曹+酢のダブル使用が効果的。弱アルカリ性の重曹は、アルカリ性のトイレのアンモニア汚れと匂いには効きません。そこで酸性の酢の働きを加えるのです。酢を含ませたスポンジなどに重曹を振りかけてこすり洗いすれば、汚れや匂いがきれいに落ちます。

熱湯180ccに重曹小さじ1杯を溶かし、45cc程度の酢を加えると発泡しますので、台所や浴室、洗面台などの排水口に流せば手の届かない場所の汚れを落とすことができます。

スポンジなどは使用後、ぬるま湯に少量の酢を入れ、塩をひとつまみ加えたものにつけ置きしておくと、雑菌の繁殖を防ぎ、殺菌もできるので安心です。

重曹や酢のお掃除は、肌にもアトピーなどのアレルギーにも優しいナチュラルなお掃除アイテムです。しかし専用合成洗剤の強力な洗浄パワーにはおよびません。

大掃除などの時に気になる頑固な油汚れのこびりつきなどは、やはり専用の洗剤で落としたほうが効率があがります。したがって日常のちょっとした汚れなどを常に重曹や酢を使って落とすように心がけておくのが賢い掃除のテクニックですね。

◯環境にやさしい→ 地球環境改善雑貨・エコデパジャパンのお掃除用品



スポンサーリンク