スポンサーリンク

懸賞ハガキ投函のプチ裏技

同じ懸賞に複数の応募をする場合は、一度に投函せずに日をずらしバラして出したほうが、当たるチャンスが拡大します。


Yahoo! toto

ハガキ応募の懸賞を当てるコツを8つ。懸賞情報の収集から投函のテクニックまで。

 ハガキで応募する懸賞を当てるためのさまざまなコツを紹介します。テレビ番組の懸賞、商品や日用品の懸賞の、狙い目やハガキの書き方のテクニック集です。参考にして大物を当ててくださいね。

 

@店頭で商品を手に取るとき、パッケージの裏側に懸賞情報がないかをチェック。懸賞の告知に予算がかけられない商品ほど競争率が低い場合が多いのです。

Aスーパーのチラシやドラッグストアのチラシには、ほとんど毎回懸賞の情報が掲載されています。チラシで対象商品をチェックしておき、特売日に購入します。

Bフリーペーパーの懸賞は関心が拡散するので狙い目です。また専門誌や高級ファッション雑誌の読者は懸賞に関心のない人が多いので応募者が少な目に。

Cテレビ番組の懸賞は、早い者勝ちの傾向があるので、すばやく応募したほうが吉です。テレビ番組内の懸賞では、郵便番号だけ書けばテレビ局に配達されるようになっています。

D専用の応募ハガキが用意されていない懸賞の告知予算は少ないはず。ハガキを買って応募するのに手間がかかるのでライバルも少数に。当選確率を高めるコツのひとつです。

Eテレビやラジオ番組の懸賞は、早朝の生放送が狙い目。理由は朝は慌ただしくしている人が多くて懸賞情報をチェックできる人が限られるから。同様に高視聴率番組の裏番組も狙い目。

F懸賞の競争率が少なくなる時期を狙うのも重要テクのひとつです。世間が多忙な1月からの初春懸賞や4月からの新年度キャンペーンがチャンス大かも。

Gバーコード、レシート,応募券などが応募に必要な懸賞は、スタート1週目の投函が当選の可能性大とのウワサあり。

億万長者続出の行列のできる有名売場からジャンボ宝くじを自宅へお届け!

懸賞を当てるハガキの書き方、6つのテクニック。

 懸賞に応募するハガキの書き方の基礎知識とコツを紹介。読みやすくはっきりと楽しく書いてハガキを目立たせ、主催者にアピールすることが当選を招き寄せる書き方のポイントです。

スポンサーリンク
@必要事項は黒ペンで記入:住所・氏名・電話番号などは黒ペンが無難です。住所や氏名に難読の地名や漢字を含む人は、ふりがなを忘れずに。
A答えと希望商品は大きく目立つように記入:クイズの答えや希望商品の文字は大きめで目立つ色にしたほうが抽選者にアピールします。文字に色を多用しすぎると読みにくくなるので3色以下に抑える工夫を。また氏名欄の下の名前をひらがなにすると、目立つので当選しやすいというウワサも。
Bイラストや写真でアピール:懸賞のテーマに関連したイラストや写真で抽選者にアピールします。
Cシールやスタンプを利用:絵が苦手な人は、柄やイラストがプリントされたシールを100円ショップで購入してペタリが手軽。表面に凸凹がついたシールなら、抽選箱の中で抽選者にアピールしてくれるかも。
Dコメント欄は熱くかつ簡潔に:「賞品を当てて◯◯したいです!」などが一例です。
E応募ハガキは見やすさが命:応募条件を一目で分かるようにする工夫が当選への近道です。レシートなどを貼る場合はテープで四隅を抑えるのがコツ。2分の1幅のテープを用意しておくと便利です。


◯ジャンボより高確率→≪最高6億円くじBIG!≫予想いらず。ネットで買える。毎週開催!


≫『宝クジ・高額当選』ってホント?『超・大金運法』