スポンサーリンク

結露の放置は健康にも影響

結露対策グッズを使用しても完全に結露を防止することは困難。結露は発見次第すぐに拭き取って乾燥させる習慣をつけましょう。濡れたまま放置すると不快なばかりか、カーテンや壁のシミに発展し、カビの発生やダニの生息をうながし、喘息やアトピー性皮膚炎などの原因になります。

結露対策は、結露防止グッズを上手に併用し、部屋の温度差と換気などにも注意。

冬は寒くて空気が乾燥し結露が発生しやすくなります。マンションなどの密閉度の高い部屋を閉め切って暖房すると、水蒸気が発生してサッシの窓ガラスや壁のクロスなどに結露し、びしょびしょに濡らしてしまいます。不快に感じるばかりか、そのまま放置しているとカビの発生源になり、また結露が乾燥するときの気化熱が部屋の温度をさげてしまいますから問題。気づいたらすぐに拭き取るのが基本なのですが、これもなかなかたいへんですね。ここでは基本的な結露対策と市販の結露防止グッズを紹介します。



まずは結露を起こしにくくすることが大事。それには部屋の適正な温度と湿度を保つこと、部屋の温度差を作らないこと、換気して部屋に空気の流れをつくることなどが基本です。

石油ストーブやファンヒーターなど燃焼系の暖房器具は常に水蒸気を発生しますので結露につながりやすい暖房と言え、エアコンや床暖房が結露しにくい暖房です。しかし乾燥し過ぎは体に良くありませんので、暖め過ぎと加湿のし過ぎにならないようにバランスを保つことが肝心です。マンションではお風呂の換気扇やエアコンの送風・除湿機能などを適宜使用して空気を動かすような工夫をしてください。

 さまざまなタイプの市販の結露防止・対策グッズが発売されています。なかでも結露防止に最も効果的なのが「結露防止用断熱シート」ですが、使用箇所に制限があるのが玉にきず。他の結露防止グッズと併用して使用するのがおススメです。

◯結露対策の強力アイテム→ 結露対策に窓用電動クリーナー


結露防止用断熱シートは結露の発生を少なくするうえ保温・保湿効果もあります。

●結露防止用断熱シート:窓ガラスに貼り付けるタイプで、間に空気の層が入ったビニールシートが断熱材のような働きをして,窓ガラスの温度差を軽減し結露を少なくします。また空気の層が保湿と保温の効果を高めてくれます。ウイークポイントは窓の外が見えにくくなってしまうことと、磨りガラスや鉄心入りガラスには使えないこと。剥がすときのことを考えるならシートが両面粘着テープ貼りではなく水貼りするタイプになっている製品を選びましょう。

スポンサーリンク
●結露吸水テープ:窓ガラスの下部に貼り付けておくと,滴り落ちてくる結露を吸い取ってくれるテープです。水分の吸収と乾燥を繰り返すため、使用後剥がしにくくなる場合が多いので注意が必要。

●サッシ用断熱テープ:サッシの金属部分に貼り、熱伝導率を低くして冷暖房効果を高め、結露の発生を防ぎます(吸水効果はありません)。使用後剥がしにくくなる場合が多いので注意が必要。

●結露防止クロス&スプレー:窓に被膜つくることで水滴の成長を抑え再蒸発を促進して断熱効果を生みだし、結露を防ぎます。

◯便利なグッズの購入は→ 除湿・結露対策グッズ 製品一覧