スポンサーリンク

救急箱の保管のポイント

救急箱は高温多湿になる場所を避け、暗くて涼しいところに保管します。子供の手が届かないことも重要です。ただしシロップや液剤などは冷蔵庫に。誤用しないように薬は能書とひとまとめにして年に一度は使用期限のチェックを。

救急箱の中身に常備しておきたい代表的なアイテム。

●風邪薬:風邪薬は常備薬の中でももっとも使う頻度の多いアイテムの一つでしょう。ひとえに風邪薬と言っても、「風邪のひきはじめ」の諸症状を緩和するための内服薬や、いろいろな症状に対応してくれる総合感冒薬、そのほか、発熱や頭痛、くしゃみと鼻水、咳と痰、のどの痛みといった、各症状別に特性を高めたタイプも販売されていますので、救急箱には家族のかかりやすい症状に合わせて数種取り揃えておくと安心です。ただし同時に2種以上の服用は避けましょう。

●解熱・鎮痛剤:発熱や頭痛もふいにやってくることの多いもの。解熱・鎮痛剤は生理痛や神経痛、歯痛の症状も緩和してくれますが、胃痛や腹痛などの内臓の痛みには効果がありませんのでご注意を。

●鼻炎薬:鼻炎には、風邪による鼻炎と、花粉症などのようなアレルギーからくる鼻炎があります。風邪の鼻炎用には症状別の風邪薬を、アレルギー性には抗ヒスタミン剤配合の内服薬や点鼻薬を常備します。

●胃腸薬:救急箱には、総合的に胃腸の機能を整えてくれる総合胃腸薬を用意しておきましょう。他にも、胃液に働いて食欲不振を改善するものや、消化不良を解消するもの、胃の粘膜を修復するものなどがありますので、症状別に揃えておくと安心です。

●下痢止め薬:軽い下痢やしぶり腹の場合に備える整腸剤も救急箱の必須アイテムの一つ。しかし、発熱を伴う脱水症状にいたるような激しい下痢の場合は、専門医を受診するようにしてください。また食中毒の疑いがある場合には市販薬の服用は控えて急いで病院へ。

●便秘薬:3日以上便通がなく、食事や生活習慣を改善しても良くならない場合に服用します。ただ長期間にわたって使用すると、腸の働きを低下させたり下痢を起こしたりする場合があるので注意してください。

◯便秘なら→ 便秘・ぽっこりおなかにお悩みな方は、今すぐこちらをクリック!


救急箱に入れておくと便利な医療用具・衛生材料の小物など。

●消毒液・救急絆創膏:切り傷、擦り傷などのケガをした場合には、急いで消毒液で傷口を消毒し、外用薬を塗布して化膿するのを防ぎます。元気なお子さまのいる家庭の救急箱には必需品です。さまざまな傷の形や大きさに合わせたサイズの絆創膏、ガーゼ、傷薬などをまとめてセットにしておくとイザというときに便利です。

●湿布・消炎剤:冷たい湿布は、突然の腰痛や筋肉の炎症などに、腰痛や肩こりなどには温かい湿布が有効です。冷温両方のタイプを揃えておきますが、入れるスペースがない場合には救急性の高い冷感湿布を。また貼りにくい場所にはスプレータイプのものが便利です。

スポンサーリンク
●その他の医療用具・衛生材料:体温計やマスクなども救急箱にあればすぐに見つけられます。伸縮自在のアミ包帯や紙絆創膏、綿棒もあると便利です。救急箱のスペースに余裕があれば衛生ばさみ、ピンセット、毛抜きなども入れておきます。

ほかにも水枕やアイスノン、うがい薬など常備したいものはたくさんありますが、救急箱の中身に収まりきらないものは使い勝手の良い場所に。ただし誤用・誤飲・使用期限には十分注意してください。救急箱にペンを入れておき、箱に使いはじめの日時をメモしておくと便利です。

◯購入は→ 救急箱・救急セット製品ラインナップ一覧