エコ生活の素Top >  家事のヒント >  最新式 蚊取りグッズを比較

スポンサーリンク

最新式 蚊取りグッズを比較

img_katoriki.jpg蚊取り器、蚊取りグッズもどんどん進化していますね。最近では電源が不要のワンプッシュ式が主流になりつつありますが、電池式、リキッド式、電子光触媒式のブラックホール(トラップタイプ)など、さまざまな製品が発売されています。それぞれの蚊取り器の特色やコストを比較してみました。

日本の夏〜という蚊取り線香のキャッチフレーズは良く知られていますが、夏の蚊は昔から人々の悩みの種でした。蚊取り器も工夫が重ねられ、線香式、マット式を経てリキッド式、電池式と進化してきましたが、最近はコンセントや電池が不要でコストパフォーマンスも高いワンプッシュ式が登場したほか、酸化チタン光触媒技術で蚊をおびき寄せて吸引捕獲するトラップ型の蚊取り器「ブラックホール」なども発売されています。

◆ワンプッシュ式蚊取りグッズ
ワンプッシュタイプの蚊取りグッズは、電気も電池も利用せずに、1回プッシュするだけで約12時間効果が持続するするので、スプレーを長時間噴霧することもなく手軽に使えるので人気です。1本あれば複数の部屋に使えるのもメリット。製品としては、フマキラーの「おすだけベープ」やアース製薬の「チュッとおすだけノーマット」があり、携帯できる手のひらサイズの「おすだけベープスプレー」や部屋の四隅にスプレーするタイプも発売されています。

おすだけベープ 60日分セット (フマキラー):価格は1408円。
おすだけベープ スプレー60日分 (フマキラー):価格は1629円。


◆リキッド式、電池式の蚊取りグッズ
現在もっとも普及している蚊取り器のタイプはリキッド式です。リキッド式は電気で殺虫成分の溶けた液体を加熱して蒸散させるため、安定した効果を持続させやすく、またコストも低くて済みます。「アースノーマット」「ベープリキッド」「水性キンチョウリキッド」など、メーカーによる性能差はさほどないので、デザインや使い勝手で選ばれているようです。インテリア性を重視した「CASTRO コンセント式 蚊取器」(アース製薬リキッドボトル使用)なども登場しています。電池式はコンセントが不要なのがメリット。こちらはファンを回して薬剤を蒸散させるしくみで加熱をしません。

◯CASTRO コンセント式 蚊取器(イデアインターナショナル):サイズ W98×D98×H108mm。本体カラーは4色。リキッドは別売。価格は3990円。

蚊取りリキッド等の製品ラインナップ一覧


◆電子光触媒式蚊取り器 ブラックホール
ブラックホールは人の発する二酸化炭素や体温を関知して寄って来る蚊の成虫の習性を利用し、酸化チタン光触媒効果と誘虫ランプが発する微量の熱や近紫外線、極めて微量の二酸化炭素などによって、室内・室外を問わず、蚊をおびき寄せ吸引ファンで確実に捕獲する蚊取り器です。殺虫剤を使わず、消耗品の補充も必要ないので、電源のあるところならどこでも手軽に使えます。ブラックホールはペットや小動物を飼育していて殺虫成分のある蚊取り器を使えないような環境では大変便利な蚊取りグッズです。

◯電子光触媒式蚊取り器 ブラックホール(プレマ):サイズ 高さ31×直径25cm。消費電力30W。重量1.35kg。実勢価格は15000円前後。

その他蚊取りグッズ関連製品のラインナップ一覧

スポンサーリンク

最新式 蚊取りグッズを比較の関連記事

エコ生活の素Top >  家事のヒント >  最新式 蚊取りグッズを比較

▲最新式 蚊取りグッズを比較トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information