エコ生活の素Top >  家事のヒント >  家庭用真空パック器

スポンサーリンク

家庭用真空パック器

img_packer.jpg家庭で簡単に生鮮食品を真空パックして冷凍庫で長期保存できる家庭用密封パック器が便利です。一般的なタッパーでの冷凍保存は庫内のスペースを取ってしまいますし、チャック付きの冷凍バッグは破損しやすいのが難点でした。家庭用の真空パック器や密封パック器などのキッチン家電製品は、専用のパック内の空気を抜いて食材を密封パックするので、長く鮮度を保てるうえ庫内のスペースも取りません。真空にして密封保存できるので食品の酸化スピードを低減し、鮮度や風味を守りつつより長く食材を保存できます。

パナソニックの密封パック器「ハイシール」BH-951Pは、Eパックという専用パックに肉や魚などの食材を入れれば、約8秒の短時間で脱気・密封が行なえる家庭用真空パック器。食材に合わせて脱気モードの強弱を選択、設定できるのが特長で、かたい食材や水分が少ないものには強脱気モードを使用し、やわらかく形崩れしやすい食材の密封には弱脱気モードを選択します。また脱気をせずに密封だけを行なうシール機能のみの使用も可能なので、食材や使い方に合わせて最適なパックを選ぶことができます。

専用の密封パック、Eパックには6mのロールタイプと20枚入りの袋タイプが用意されており、ロールタイプのEパックは、保存する食材のサイズに合わせて、ハサミでカットして使用できるので、便利でムダなく使うことができます。カートリッジは取り外して水洗いが可能なのでメンテナンスも簡単。つねに清潔な状態で使用することができます。使い方は食材をパックに入れ、袋の口の部分を本体にはさんで脱気モードを選んでスイッチオン。空気が抜けた後にシールボタンを押せば、真空パックが完了します。

Eパックのサイド部はマジックカット仕上げになっているので、手で簡単に切れて使いやすいです。Eパックは使用後もきっちり洗えば繰り返しの使用も可能なので、上手に工夫して使えばコストも節約できます。家庭用の真空パック器は、まだ一般的なキッチンウェアではありませんが、その便利さは十分に購入の価値がある家電製品です。専用パックのコストがやや気がかりなところですが、そのうち汎用品でも密封パックが可能になることでしょう。

◯Panasonic 密封パック器 BH-951P(パナソニック):本体サイズ 約W380×D130×H95mm。重さ約2.6kg。消費電力 約140W。脱気シール時間 約8秒。最大シール幅 300mm。実勢価格23000円前後。

家庭用真空パック器の各社製品ラインナップ

スポンサーリンク

家庭用真空パック器の関連記事

エコ生活の素Top >  家事のヒント >  家庭用真空パック器

▲家庭用真空パック器トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information