エコ生活の素Top >  家事のヒント >  太陽光発電 導入のメリット

スポンサーリンク

太陽光発電 導入のメリット

img_solarmerit.jpg太陽光発電を導入すると、家庭で使う電力の半分以上がまかなえるうえ、自家発電電力を売電できるなどの経済的メリットがあります。省エネ意識を高めることにもつながり、オール電化のエコリフォームや高断熱・高気密住宅を新築して、ソーラーシステムと併用すれば、売電料もアップして減価償却期間が短縮できます。

太陽光発電導入の経済的メリットのひとつに、余剰電力を売電できることがあります。昼間に自家発電した電気を自家消費することによって電気代がタダになり、余った電力は面倒な手続きの必要もなしに電力会社に売ることができます。2010年から10年間は買い取り価格が現行の2倍になる見込みです。実現した場合は1kwhあたり50円になり、初期費用の消却期間の短縮につながります。

国の住宅用太陽光発電システムの補助金制度が復活し、現在ではモジュールの最大出力1kwあたり7万円(上限9.9kw)が支給されます(募集期間は2010年1月29日まで)。また減税措置や地方自治体独自の補助金制度や融資も利用することができ、導入支援策が整ってきました。

オール電化と太陽光発電システム、家庭用燃料電池システムと太陽光発電を組み合わせて併用することで、さらに光熱費を節約した省エネ生活を加速させることができます。とくにオール電化と太陽光発電システムの併用では、キッチン・給湯・冷暖房などに必要な電力をソーラー自家発電した電気でまかなえるため、電気と都市ガスの光熱費に比較して年間70〜80%も削減することができます。

太陽光発電のデメリットは、まずは導入コストが高いこと。開発等で年々コストは下がってきていますが、それでも約250万円程度の負担となります。またソーラー発電は夜間や雨天には発電できないので、設置する場所の日照時間によって発電量が左右されてしまいます。現状では太陽電池の発電効率が20%以下でエネルギーのロスが多いのも問題点。SANYOの「HIT太陽電池モジュール」が変換効率23%を達成したように、さらなる効率化・低コスト化に向けた技術の開発が期待されます。

太陽光発電システムの価格比較はこちら

スポンサーリンク

太陽光発電 導入のメリットの関連記事

エコ生活の素Top >  家事のヒント >  太陽光発電 導入のメリット

▲太陽光発電 導入のメリットトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information