エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  サイクロン式掃除機 静音性比較

スポンサーリンク

サイクロン式掃除機 静音性比較

サイクロン式電気掃除機は吸引パワーが強力、紙パックが不要でメンテナンスも容易などの特長で人気ですが、反面、運転音が大きく夜の掃除がはばかられるなどの問題がありました。しかし最新のサイクロン式掃除機には静音性が高く省エネのモデルが多数登場しています。各家電メーカー代表モデルの静音性や特長を比較します。

ゴミ圧縮機構とナノイー搭載で清潔
◆パナソニック MC-SS300GX
Panasonicのナノイー搭載サイクロン式掃除機 MC-SS300GXは、新開発のパワープレスサイクロン機構を搭載し、ゴミをプレスして捨てるので衛生的でメンテナンスが容易です。床面検知センサーが微細なチリやハウスダストを判別してランプで知らせるエコナビがパワーも調整するので従来機より約55%も省エネ運転ができます。静音性も高く夜間の使用もオーケー。
◯運転音:約55〜48db
パナソニック MC-SS300GXの吸込仕事率は460W〜約60W。消費電力は1000W〜約200W。カラーはシャイニーレッドとシャイニーシルバー。

2段式サイクロンがきれいな排気と静音性を確保
◆日立 2段ブーストサイクロン CV-SR3300
日立の2段ブーストサイクロン CV-SR3300は日立独自の2段式サイクロン。1段目の集塵室でゴミと空気とを遠心分離して吸引パワーを持続させ、2段目でゴミをプレスして清潔なゴミ捨てを実現したモデル。運転音が小さく排気がキレイなので、小さな子どもがいる家庭にピッタリです。
◯運転音:約5349db
日立 2段ブーストサイクロン CV-SR3300の吸込仕事率は450W?約50W。消費電力は1000W?約200W。カラーはパールレッド、ホワイトシャンパン、ラベンダー。

クワイエ構造採用で吸引力と静音性を両立
◆東芝 トルネオ VC-CG510X
TOSHIBA TORNEO(トルネオ)TypeQuie サイクロン式フロアフリーイオンヘッドクリーナーは、遠心分離ゾーンと集塵ゾーンの2つのダストカップを採用し、ゴミを遠心分離しながら、きれいにまとめるデュアルトルネードシステムを搭載。吸引力を長時間維持します。クワイエ構造でパワフルなまま低騒音運転が可能。らくわざクリップの採用で手首の負担を軽減しています。
◯運転音:約5349db
東芝 トルネオ VC-CG510Xの吸込仕事率は450W?約50W。消費電力は1000W。カラーはベルベットレッド、レディッシュゴールド。

吸引力と持続力はピカイチの本格サイクロン
◆三菱電機 風神 TC-ZK20S
三菱電機の風神 TC-ZK20Sは2つのサイクロンと3つの集塵室を持つ風神サイクロンテクノロジーを採用し、サイクロンボックスのフィルターを不要にしたモデルで、国産初の本格サイクロン掃除機です。吸引力はトップレベルですが、そのぶん静音性はやや劣ります。フィルターがないのでサイクロンボックスを丸ごと水洗い可能。面倒なメンテナンスが不要なのもいいです。
◯運転音:約6863db
三菱電機 風神 TC-ZK20Sの吸込仕事率は250W?約120W。消費電力は1000W?約500W。カラーはルビーレッド、ピアノブラック。

※上記データの正確性は保証するものではありません。サイクロン式掃除機選びの参考に

スポンサーリンク

サイクロン式掃除機 静音性比較の関連記事

エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  サイクロン式掃除機 静音性比較

▲サイクロン式掃除機 静音性比較トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information