エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  充電式ハンディクリーナー

スポンサーリンク

充電式ハンディクリーナー

img_handycleaner.jpg充電式のコードレスハンディクリーナーが通販市場で好評です。軽くて取り回しやすく収納スペースも少なくてすむ、バッテリー式のコードレスハンディクリーナーですが、従来充電式はパワー不足と充電時間の長さに問題がありました。しかし最近ではモーターの高出力化やバッテリーの高性能化などで徐々に改善が進み、またゴミの捨て方もワンタッチ行なえるほか、付属品も充実して使いやすくなりました。

なかでも電動工具メーカーのマキタから発売されている、業務用コードレスハンディクリーナーは信頼性の高い強力なモーターを搭載。集塵力はロングノズル使用時でもハンディタイプの掃除機とは思えないほどパワーがあります。掃除をする場所に合わせて長短のノズルを使い分ければ、邪魔なホースがないので体に負担がかからずお掃除が楽になります。

またマキタの業務用コードレスハンディクリーナーはヘッドが前後左右に動く首振り式なので、狭い場所の掃除もスムーズに行なえるほか、棚やサッシ用のノズルを本体に直接接続して使用すれば、棚の奥や隙間などの隅々まで掃除することができます。ワンボタンで着脱できるフロントカバーなのでゴミ捨ても簡単で、ゴミストッパ採用によりゴミのこぼれ落ちの心配もありません。また紙パックの容量が10%増量されたので無駄も少なくなりました。

充電時間は3〜5時間の充電で約20分程度の連続使用ができます。満充電検知機能が搭載されているので、充電が完了するとランプが消灯して知らせてくれます。吸い込みパワーは、強と標準の2段階の切り替えが可能です。使用する家庭によって差はあるでしょうが、フローリング主体の住戸では充電式コードレスハンディクリーナーをメイン機に使用するケースも増えているとのこと。なによりホコリが気になった時、すぐに掃除をしてしまえる手軽さがメリットです。

マキタのハンディクリーナーには様々の機種が発売されていますが、ここではパワーの違う代表的な2機種を紹介しておきます。家庭の状況にあわせて最適なパワーや重量の機種をお選びください。

◯充電式ハンディクリーナー 4076DW(マキタ):7.2V。サイズ 長さ983×幅118×高さ136mm/重さ 1.1kg/集塵容量 ダストパック500ml、紙パック330ml/連続使用時間 強約10分、標準約20分/価格13220円。

◯充電式ハンディクリーナー 4093DW(マキタ):ハイパワー9.6Vタイプ。重さ 1.3kg/集塵容量 500ml、紙パック330ml/連続使用時間 強約13分、標準約23分/価格18375円。

スポンサーリンク

充電式ハンディクリーナーの関連記事

エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  充電式ハンディクリーナー

▲充電式ハンディクリーナートップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information