エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  カセットガスボンベ耕運機

スポンサーリンク

カセットガスボンベ耕運機

img_pianta.jpgホンダ(Honda)が発売したカセットガスボンベを燃料として動く耕運機「ピアンタ(Pianta)FV200」がヒット中です。ピアンタは30坪未満の小規模な農園や家庭菜園、ガーデニングなどを楽しむユーザーに向けて手軽に耕運機を使えるように開発されたミニ耕運機で、最大の特徴は家庭用のカセットガスボンベを燃料にしたこと。従来のガソリンエンジンの耕運機は、燃料の購入や保管の取扱が困難なことに加え、ガソリンのニオイや騒音、汚れなどがネックになり、プロの農家はともかく一般の家庭や趣味の菜園には少々受け入れられにくいものでした。

その点、カセットガスパワー耕運機のピアンタでは、燃料の保管や取り扱いが容易なので、今まで耕運機を利用したことのなかった園芸好きのユーザーや女性などのエントリーユーザーにも支持されているのです。また一般的に家庭菜園でミニ耕運機を使用する期間は、そのほとんどが春先に集中してしまい、農作業に使わない他のシーズンの保管や取り扱いの面倒さがミニ耕運機の購入を敬遠される原因となっていました。

ホンダのミニ耕運機ピアンタは、燃料の取り扱いを簡単にし、移動や収納を容易にし、操作自体もシンプルにした設計になっているので、素人でも扱いやすいうえ、白い丸みのあるボディで親しみやすいデザインになっているのも人気の理由。ピアンタは、家庭用のカセットガスボンベ1本(毎容量250g)で約1時間稼働でき、およそ32坪程度の耕うん作業が行なえます。家庭用のカセットガスボンベにはLPガスが充填されているので、つまりタクシーの燃料と同じなわけですね。環境にもやさしく、同排気量のガソリンエンジンに比較して、作業時間あたりのCO2排出量が約10%も低減されています。

社会全体の高齢化により元気なシルバー世代が増加し、また環境や食の安全に対する意識の高まりから家庭菜園や貸農園での野菜作りはますます盛んになっています。いろいろネックが多かった耕運機の使用もカセットガスボンベ式のホンダのピアンタなら手軽に導入することができます。農作業の効率化と時短に大変便利な農業機械を使えば、エコな生活がますます充実することでしょう。ピアンタとはイタリア語で植物・草木の意味だそうです。

◯家庭菜園用耕運機 FV200J ピアンタ(ホンダ)ガスボンベ付きセット:家庭用カセットガス燃料を使用します。ガスボンベ【シャトル】2パック(6本)、ピアンタオリジナルキャップ、ピアンタオリジナルバッグ、Honda野菜づくりなるほど図鑑がセットに付属。別売オプション品も多数。価格は99800円。

ホンダ ピアンタとオプション品のラインナップ

スポンサーリンク

カセットガスボンベ耕運機の関連記事

エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  カセットガスボンベ耕運機

▲カセットガスボンベ耕運機トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information