エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  エアコンマットそよ

スポンサーリンク

エアコンマットそよ

img_soyo.jpg「エアコンマット そよ」は空調機能を持つ新感覚の涼感寝具。夏の熱帯夜の寝苦しさを解消し、ひんやり快適な安眠に導いてくれる優れモノの敷きマットです。涼感マットはジェル状のパッドで体熱を吸収して放熱させるしくみのものが多いのですが、「エアコンマットそよ」は、敷きマットの内部に空気の通り道をつくり、足元に置いた小型のファンを回すことで常に体の下に風を送ってクールな涼感を得るしくみになっています。お手持ちのベッドや敷き布団の上に敷くだけで、まるでハンモックで寝ているように、寝具と体の間をさわやかな風が通り抜けて熱帯夜の寝苦しさを解消します。ヒーター付きなので冬もオーケーです。

「エアコンマット そよ」の内部には、柔らかくて弾力性に富んだスペーサーが敷き詰められており、空気が流れる空間を作っています。マット頭部はメッシュになっていて、ここから取り込まれた空気が体熱を吸収するとともに汗などによる湿気も気化させて、マットの足元部分からファンにより強制排出されます。中敷の中に熱気がこもらずに常に新しい空気が流れて行きますから、朝まで涼しく眠ることができるのです。

ファンはモーター駆動で、静かな静音設計。気になる電気代は1日8時間毎日送風(中)の使用を続けても1ヶ月約13円とたいへんエコ。マットがひんやり涼しいとエアコンの運転も節約できますから助かりますよ。「エアコンマット そよ」の素材はポリエステル・綿の繊維をハニカムメッシュにキルティング加工したもので、速乾性に優れていて快適な寝心地を得られます。たたんでコンパクトに収納することも可能です。

不快な夏の夜を快適にする「エアコンマット そよ」ですが、寒い冬にも役に立ちます。マット内部の不繊布にはヒーター線が配線されており、直接体にヒーターが当たらないので優しいぬくもりが体を包みます。ヒーターの温度は25℃〜50℃まで無段階に調節が可能になっています。一年通じて使用できるのでたいへん便利でムダがありません。枕元にあるコントローラーは4・8・10時間のタイマーや送風おやすみモードが設定でき、送風の強さも3段階に設定が可能。送風とヒーターの運転切替もできます。夏の熱帯夜をひんやりクールに過ごせ、寒い冬もヒーターでぬくぬく安眠できる、新感覚の涼感空調マット「エアコンマット そよ」でエコな快眠生活はいかが!

◯空調機能付き敷きマット「エアコンマット そよ」(アテックス):サイズ 約W920×L2000×H75mm(マットの厚みは20mm)。消費電力 最大2.5W(送風)、最大50W(ヒーター)。専用シーツカバー別売。価格は29800円。


空調機能付き敷きマット「エアコンマット そよ」(楽天市場)
その他の涼感寝具製品ラインナップ一覧(Amazon.co.jp)

スポンサーリンク

エアコンマットそよの関連記事

エコ生活の素Top >  すぐれモノ >  エアコンマットそよ

▲エアコンマットそよトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information