エコ生活の素Top >  お掃除のコツ >  窓ガラス・ブラインド掃除のコツ

スポンサーリンク

窓ガラス・ブラインド掃除のコツ

窓ガラス用の洗剤はさまざまな種類のものが売られていますが、相当汚れが酷い場合以外は専用洗剤を使わなくてもきれいになります。洗剤を使うとガラス面に成分が残ってしまう可能性があるので、小さな子どもがいるような場合はちょっと心配ですね。ここでは洗剤を使わずに窓をきれいにするコツを紹介します。




ガラスワイパージャンボ4.6m
窓ガラスの汚れは、内側と外側では種類が違ってきます。窓の外側は埃や砂・泥などの汚れが中心で、内側の方は手あかや油の汚れが付きますから、拭き掃除の仕方も変えましょう。窓の外側は、水拭きだけでオーケー。軽く絞った雑巾で汚れをおとしたあと、かために絞った雑巾で二度拭きすれば完璧です。

窓の内側には油汚れが付着していますから、水2に対してお酢1の割合で作った酢水をスプレー容器に入れて拭くと、汚れを浮かしてくれるので大変きれいになります。また、糖分の入っていない炭酸水も効果がありますよ。サッシのゴムパッキンについたカビも酢水を使うと退治できます。


窓ガラスにツヤを与えたいときには新聞紙がバツグンに効きます。水に湿らせた新聞紙で汚れを拭き取ったあと、乾いた新聞紙で空拭きしてみてください。新聞のインクがガラスにツヤを与えてピッカピカに。新聞紙はワインやシャンパングラス磨きにも使えます。細いガラスコップなども奥まで磨けてピカピカになるので意外ですよ。

窓ガラスではありませんが、ブラインドの掃除は結構面倒なもの。普段からホコリをはらう習慣をつけることが大切ですが、汚れが溜まってしまったら、軍手に住宅用洗剤(2度拭き不要のもの)を染み込ませ、指の間にブラインドを挟んで拭けば4枚一度に掃除できます。手あれが心配なときは軍手の下にビニール手袋をして行ないましょう。

家電製品を使ってイッキにきれいにしてしまいたい、という人は、電動式窓用バキュームクリーナーを使うのが便利です。別のページで詳しく説明しています→結露対策に窓用電動クリーナー

スポンサーリンク

窓ガラス・ブラインド掃除のコツの関連記事

エコ生活の素Top >  お掃除のコツ >  窓ガラス・ブラインド掃除のコツ

▲窓ガラス・ブラインド掃除のコツトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information